ライタリアンレイキ™

レイキアチューメント(伝授)


はじめに―ライタリアンインスティテュートより

ライタリアンレイキは™、エンジェルリンク、ライタリアン・レイなどのアチューメントを提供しているライタリアン・インスティテュートによって開発、管理されています。

 

ライタリアン・インスティテュートは1997年にアメリカ合衆国アリゾナ州セドナで設立され、人類のアセンション(*注:意識の次元上昇)のプロセスをサポートするために、ライトワーカー(*注:地上で愛を価値基準に働くもの)たちが天界の存在エネルギーとつながることに焦点をあてています。

 

今まさに起こっている地球上でのスピリチュアルな変容のために、最高波動のレイキエネルギー、アセンディッドマスター、最高波動の天使エネルギーとのコネクションを提供します。

 

瞑想、チャネリングを通して天界から与えられたこのアチューメントは、受け取る人のスピリチュアルな成長を助け、加速させるために、高次元波動エネルギーとの恒久的なつながりをつくります。


ライタリアンレイキとはーRUACHより

クンダリーニレイキ、臼井レイキ、アークエンジェルズヒーリングなどを使ってヒーリングを行うようになった私(AZU )は、次第にレイキの本質というものに対してのビジョン、全体性のようなものが明確に感じられるようになりました。 そして、私の中で明確になりつつあるビジョンは私だけの捉え方なのか、それとも系統立てて形にしている人が誰かいるだろうか、と考えるようになり、ある時それをインターネットで探してみたのです。 

数ある発展系のレイキの中から、このライタリアンレイキについての解説を見つけたとき、私の中で明確になっていたビジョンがそこにあると感じました。 そしてライタリアンへの取り組みと共にマニュアルを読むつけ、感じていたことが現実として見つかっていく体験をしました。 今思えば、クンダリーニレイキの癒しの中で真実に出会い、必然的に次の段階へと導かれたと感じます。

 

臼井レイキをはじめ様々なレイキエネルギーは「宇宙の生命エネルギー」と表現されています。ではそのエネルギーというのは実際どこからどのようにやってくるのでしょうか。

 

(レイキは確かに、その仕組みを知らなくてもヒーリングを行うことはできます。電気の仕組みを知らなくても電気のエネルギーを活用できるのと同じです。)

 

レイキの場合、多くの人がエネルギーは遠い宇宙の彼方から降りてきて、自分をパイプとして通り、誰かに流れるとイメージしています。そのため、ただでさえ遠くから来ているエネルギーをさらに遠隔によって遠くの誰かに伝えるのは難しいと感じている方が大勢います。もしレイキが本当にそういったものであるなら、私だって、ものすごくおめでたい想像力でもない限り、なかなかエネルギーを実感できるとは思えません。さらに良くないことには、苦手意識や不足意識がレイキを遠ざけ、使う機会を圧倒的に減らしてしまうのです。

 

私の気づきの中では、レイキはそうではなくもっと根源的な光なのではないかと思えました。つまり私がいつも対面セッションで◎を書いてご説明する意識の仕組みの、最高次元、つまりは宇宙意識、内なる神の領域からくる、一元性の根源からくる光なのではないか、ということです。

 

(このあたりのことはヒプノセラピーでも、レイキのアチューメントの対面セッションでも詳しくお伝えしているところです。高い波動に守られた空間で、実際に紙にペンで描きながらお話すると、多くの方が「とってもわかりやすいです」とおっしゃってくださいます。ですがこのように文章だけでご説明するととてもわかりにくいのです。4次元以上のことを2次元でお伝えする困難さがあります。)

 

レイキはこの世界の物質的な認識を超えたところからくる、意識エネルギーのみなもと=宇宙意識とそれに準ずる領域=超意識からくるのではないか。私たちはそのエネルギーと波長を合わせると意図し、その高次元波動になるべく直接的な共振を起こすことでそのエネルギーの一端を使わせていただいているのではないか、と私は考えました。

 

実際ライタリアンレイキではレイキエネルギーをそのように捉え、明確に扱われていました。

 

レイキエネルギーは二元性を超えた純粋な光であり、根源的な神性のエネルギー、ワンネスとも呼ばれる領域からの光です。宇宙の生命力とはこの源のことであり、その源とのアクセスは私たちの意識(心、意志、意図)を介して行われます。レイキの源は宇宙意識の純粋な一点からやってくる一元的な光だと私は確信しました。

 

そしてライタリアンインスティテュートによる声明では、この波動領域を扱うということは全体への奉仕であるということが明確に記されていたことも私のビジョンとの一致の一つです。

 

霊(スピリット)、魂、サトルボディ、また心と肉体のエネルギーを正しく扱うことはメンタルや肉体レベルでの健康につながりますが、レイキが肉体の健康法のために存在しているかといえば、そうではありません。 私たちが肉体という限られた存在ではなく、神聖なレベルを根源として存在しているスピリットであり魂であることへ意識を開き、肉体を持ちながらそれに覚めることで、本来の自己、本来のいのちを存分に生きることができるようになるよう、この光、ライタリアンレイキ・レイ・エネルギーは促し導きます。

 

アチューメントを受けた実際の私の印象としては、クンダリーニレイキを受けた後には非常に心身が軽くすっきりとし、周囲のエーテルエネルギーが光のシールドを作り保護し、肉体そのものの波動を物理次元から上昇させ、結果として肉体の地球での居心地が非常に良くなり、周囲の世界が活き活きと感じられるというような変化だったのですが、ライタリアンでは自分の個としての状態がハッピーになるというような感覚よりも、ヒーリングの成果が非常に凝縮され、パワーアップし、より精妙なエネルギーを感知するようになり、非常に高波動の導きを実感するようになるという変化でした。また自分の本来の中庸にシンプルに戻される感覚です。

 

さらに実際には「目に見える範囲」が非常に拡大され、高次元の光やオーラと言われるものが見えるようになり、オーラフィールドに蓄えられた情報を読む力が開かれ、見える、聞こえる、わかるという知覚が五官ではなくそれ以上の次元から「直覚で受け取る」ものへと移行しました。

 

僭越な言い方かもしれませんが、個を超えていくための準備が進められるといった印象です。 その結果、この二元性の宇宙である地上の幻想がよりありのままに見えるようになり、体調や自分の気分もよりありのままとなった感じです。

 

代わりに自分がどの世界の住人なのか、その在り処や拠り所も明確にリアルに感じられるようになり、意図がどのようにして伝わり、エネルギーに作用を齎して現象を変容さえていくのかなど、まるで科学の目で地上を観ているような感覚に変わりました。

 

出来事に対して良し悪しの判断をすること、ジャッジメントをすることの無意味さがリアルに実感され、この世へのとらわれがぐんと減少し、知覚から受けた刺激へ反応していた人生(カルマに拠る人生)から「ただ創造する」ことが当たり前になってきました。真の自分の目的、自己の覚醒というところ、神聖なる計画へとフォーカスするようになり、自分の持つパワーをより全体への奉仕として使うことができるようになりました。

 

個の癒しが進むと、より恐れを手放すことになり、ありのままをそのまま受け入れられるようになります。 この世が白く塗り替えられたり、気に入った色ばかりが見えるのではなく、より鮮明にありのままの色そのものを抵抗なく味わえるようになるのです。 ノンジャッジメント、無条件の愛といわれるものが少し垣間見えるようになりました。これについてはスピリチュアルの世界では安易に取りざたされることが多いのですが、今になってはっきりわかるのは、それは「過去に想像したものとは全然違った」ということです。

 

「実際にそれになり、それを体験すること」以外には私たちは「それを知ること」はできません。このことは人生において、明確に求め、意図し、それを生きるという選択をすることで得られる最大のギフトであると私は思っています。


ライタリアンレイキ™ テキストより

”さらなる高次元波動のレイキ、この神聖なレベルへ人類を再び目覚めさせることが私の意図です―人々が存在としての新しい局面に臨むとき、助けになるように。 私の真の望みはレイキ・レイの使い方を明らかにし、神秘に包まれたものではなく発展させることです。この特別なライタリアン・レイキのギフトをすべての人に捧げます。癒しを促し、波動を高め、新しい人類になる準備のために。”

 

Ascended Master Buddhaアセンディッド・マスター・ブッダ

ーライタリアン・レイキのインスピレーションと根源


ライタリアンインスティテュートによる

基本的な考え方

ライタリアンという言葉は気づきを拡大したスピリチュアルな進化を進める目的で、エーテルの光のエネルギーの使い方を学び、マスターする人たちを表すときに使われます。

 

このスピリチュアルな進化は、特にセルフ・エンパワメント(自分に顕現を与える)、浄化、癒し、活性化ワーク、顕現に関して進められます。

 

ライタリアンは光について、人間が経験するあらゆる形態と構造の中に意識的に現れ、常に存在するエーテルエネルギーであるとの見方を持っています。ある意味で光はすべてでありすべては光です。…

 

…したがって簡単に言うと、個人的な成長に関する私たちのライタリアンの基本的な考え方は無条件の愛とノン・ジャッジメントの場において

 

  • セルフ・エンパワメントはスピリチュアルな覚醒プロセスの出発点です。
  • 次に、あなたの浄化が進むほど、癒しがより効果的に起こります。
  • あなたがさらに浄化され癒しが進むほど、あなた個人のエネルギー的活性度が高まります

ライタリアンレイキの起源

この高次元波動のレイキ・システムは、1997年中頃にJeannine Marie Jelmのチャネリングにより、アセンディット・マスター・ブッダのエネルギーとのコネクションを通じて開発されました。このすばらしい仕事は後に洗練され細部が明らかにされて、ライタリアン・レイキとして実を結びました。…


アチューメントの実際

  • アチューメントは基本的には誘導瞑想の形式で行われます。誘導の声なしの瞑想も可能です。

 

  • 対面、遠隔、お電話のどれかをお選びいただけます。お電話の場合、お電話で誘導瞑想をします。
  • 受講条件は、臼井レイキマスターレベル以上、もしくはカルナレイキマスターレベル以上となります。
  • ライタリアンレイキは6つのレベルからなっています。
  • 実際のアチューメントはⅠ&Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ&Ⅵの4回で、順番にアチューメントを受ける必要があります。
  • カルナレイキを取得していない方のためにライタリアンレイキブティックブーストが用意されています。エネルギー的な落差を埋めるべく波動を引き上げてくれます。カルナレイキマスターでない方はここから受講してください。