スピリチュアル

感受性が高い人はそれだけ心の防御力を強めています。 そうしないと壊れるからです。 でもそれは、生きてるだけでなんだか大変で疲れることです。 強い防御の向こうにはいつでも強い敵がいます。 実際にはそうでなくても、心はそのように想定して生きているということです。...
沖縄のすばらしさに、「人が個として尊重される社会」をあげたいと思います。 もっともすべてがそうだというわけでも、沖縄が意識的にそれを目指しそうしているかどうかもわかりません。おそらくはもっとシステム化された便利な社会へ向かっていることでしょうし、本土並みを追うのであれば、目指すのは違う形なのかもしれません。...
昨日で53歳になりました。ここまで生かしてくださりたくさんの価値ある体験と学びをさせてくださった神とその神を宿すすべての仲間に感謝します。 あなたは生きているだけで価値があると思えますか? すべての人がそうだと思えますか? そういう気分になれる一瞬も人生にはあります。そしてそれはすばらしい気分です。...
みなさんは、ご自身の内側に神をみつけたいでしょうか?本当は誰もがみつけたいのだと私は思いますがいかがでしょう。 自分を振り返ると、その苦闘の時間の多くは「自分がなにを求めているかわかっていなかった」時間です。或いは明らかに求めていると信じていたものが実は「幻の幸せであった」時間です。...
昨日の定期瞑想会、とても新鮮な創造力に満ちた瞑想会でした。 瞑想自体は静かで平穏なものなのに、内側の世界とつながることは、そしてそれを共有するということは、どうしてこうもエキサイティングで感動的なのでしょう。 瞑想もヒーリングも、それは欠けたものを埋めるような行為ではありません。...
今日は無料遠隔ヒーリングをさせていただきました。短期間の募集にもかかわらず多数ご参加いただいて、本当にありがとうございました。また、企画の趣旨へのご賛同も力づけられました。 ご感想も楽しみにしております。が、難しく考えず思うまま、ご負担のないようにどうぞよろしくお願いいたします。...
今日はウチャトー。わが家の火の神さんからは沖縄独特のお線香の香りが漂っています。 先日は「こんなこと言うとおかしいかもしれませんけど、目覚めたいんです」というテーマでセッションにいらしてくださった方がいました。おかしいでしょうか?私にとっては王道中の王道のテーマでとても嬉しかったです。...
6月23日沖縄慰霊の日に、定期瞑想会を開かせていただきました。 沖縄ではこの日が格別に大切な日だということを重々承知の上で、特別な構えなしに、いつもの大切な思いで迎えたこの日でしたが、私自身にとってあまりに意義深い日となりました。 お集まりいただいたみなさま、改めまして本当にありがとうございました。...
2019年6月22日。今日は夏至。 明日は沖縄慰霊の日。沖縄移住から11回目を迎えます。 全体的な意識の変化の波を感じています。なにか行動をしたくなるけれど、大きなうねりの中にある時ほど内なる神にしっかりとつかまって、そこにこそ耳を澄ませること。そして安堵の中で状況を見守ること。...
もしこの世界に神々がたくさんあって、いろいろな神がいるというのなら、そしてそれをスピリットと呼んだりガイドや守護霊などと呼んであがめるのであれば、或いはなにかをあがめるのが嫌いな人々がそれを友達のように扱って自分の生活に協力させたりそれを預言や啓示のように扱ったりするのなら、それにどんな意味があるのだろうか。...

さらに表示する