スピリチュアル

インナーチャイルドと向き合うって、人によってはしんどいことです。自分はそのタイプだったので、そういうクライアントさんの気持ち、わかります。 その時々を丁寧にがんばって生きてきている分、その梱包をわざわざ開いてまたかき回すようなことは全然したくない、という感覚だったり、...
私は子供の頃に、母から父のことを「人間じゃない」と言い聞かせられて信じてしまった過去があります。母は生活つまりお金のためにその人でなしと暮らすのを我慢するのだと私に言い聞かせました。...
夫がいいことを言っているので読んでみてください。 今あるものを見直すって、しあわせになるための鉄則のように思います。...
自分を癒すことの価値は、言葉に尽せないものです。 幸せとはなにか、愛とはなにかを一言で言えないことと同じです。 AZUさんにはどんな効果がありましたか?と訊いてくださる方もいらっしゃいますが、今このように平安に生きられることは、過去の自分の延長上には決して存在していなかったと思います。つまり、どんな感じかと言いますと…...
『オーシャンズ』という映画(ジャック・ペラン監督による、海の生物をテーマとした2009年のドキュメンタリー映画)ご存じでしょうか。少し前に夫と一緒にわが家のホームシアターで観たのですが、忘れられない思いをしました。...
人をしあわせにするのは、感謝、というエネルギー。 わかっちゃいるけど、調子のいい時はできても調子悪い時はできない、というのが自然の成り行きかと思います。 生まれてこの方調子が良くない、という人もいるかもしれません。或いはおとなになって社会人になったと同時くらいから、調子が良くないという方にもよく出会います。...
今日も昨日の記事を受けて書きます。 スピリチュアルの有名な文句に「ワクワクすることをやる」というのがありますね。 バシャールやエクトンという進化した意識体をチャネリングする人が地に降ろしたというメッセージです。今はいろんな人がやっています。 ワクワクすることをやってみる、というのは自分の中の天才と出会うための簡単な方法です。...
昨日のブログ すべての人にある天才を開くからの引用です。 天才と凡人の違いを洞察すると、肉体の死以上に魂の導きの魅力を感じるかどうか、のようにも思います。もとは、すべての人が等しく神の子として創られていますが、魂を忘れて肉体の本能にばかり従っていると、群れをなす安全にばかり気を取られ、魂として生きることを忘れてしまうのです。...
人は、本当におもしろく不思議な生き物。もしつまらないと思っている人がいるなら、それは人という存在のうちのほんの数パーセントくらいしか見えていないからではないかと思います。 人には7つのからだがあり7つの気脈があって、脳の9割が未開発だなんて、もうそれだけでえらいことです。...
前世療法。男女の運命の赤い糸を証明する形でブライアン・ワイス博士が世界に知らしめた催眠療法のワーク。 出版当初、周囲で読んで感動している人が多かったけれど、正直私はふーん、という感じでした。今はなぜそれが私にヒットしなかったかよくわかります。 前世療法は、運命の赤い糸を破棄するためのセラピーです。カルマの原因を解放するとも言えます。...

さらに表示する