インナーチャイルドについて、伝えておきたいこと①

インナーチャイルドに取り組んで長い時間が経ちます。

この言葉は昨今とても広まって、ワークをしている方もとても増えた印象です。

 

そんな昨今を見回してみて、もう少しお伝えすべきことがあるなあというのが、今私の中にある思いです。

 

自分を愛すること

自分自身との信頼関係

(自己肯定、自己評価、自信の有無といわれるものすべて)

ひいては対人関係のすべて

(家族や社会との関係などすべて)

またパートナーシップに

愛と信頼を見出すことと

インナーチャイルドは

まるごとど真ん中にひとつです。 

 

インナーチャイルドとは漠然とネガティブなものとお感じ方、または実際に心の傷や修復すべき課題の部分であると認識なさっている方も多いと思います。

 

最初の段階で取り組む場合はそれで構わないと思います。

けれど、取り組むうちに必ず問題となってわき上がってくる疑問は

 

「いったいどこまで癒せばいいの?」

 

というものだと思います。

 

中には、インナーチャイルドが消えたから終わり、あるいはインナーチャイルドが大人になったから完了、というような声を伺うことがあります。

 

確かにプロセスの中でそんな変化を通過することもあるかと思います。

取組み始めたときはそれで構わないとも思います。

 

しかしこの取り組みを一人でやるとなると、全体の航路の地図が必要になります。

さらに地図を持っていたとしても地図を見ながら、かじ取りをして、なおかつ自分の意識という捉えがたいものを向き合って、しかもハートを開いて感じるなんていうことを一気にやるというのは至難の業だと言っていいと思います。

 

ハートを開くとはよく言いますがそのためには、「安心して」「リラックス」し「ゆだねる」という状態が必要です。

その時、愛の経路の扉を開くことができます。

 

例えば文章で読んで情報を理解し、自分に当てはめてみる。

自分の頭の中にあるものを文章に書き出してみる。

 

こういったやり方は思考の整理整頓にはなります。

 

でも、ハートを開いて感じる、感じきるということには実はつながっていません。

 

インナーチャイルドワークをするとき、変性意識状態、つまり瞑想の波長に入っていることが潜在意識の保護膜をゆるめ、内部を探索することに対してとても重要になってくるのです。

 

これを自分でするには、瞑想を重ね、自己意識をある程度自由に行き来できるような鍛錬が必要になってくると思います。

 

今日はここまで。②へと続きます。