インナーチャイルドワークを通して学ぶ最高の子育て

インナーチャイルドワークは過去世療法とともに、とてもパワフルな変容をもたらします。

すべての人は両親から誕生しており、そこから引き継ぐものを負って生きています。

 

ご自身の見直しと癒しが進むにつれ、多くのお母さんは自らがわが子に与えた影響を省みられ、

「もっと早くに知っていればよかった」

「もっと早くに取り組めばよかった」

とおっしゃられます。

 

時には

「もっと世の中に知らしめてください」

というご要望をいただくこともあります。

 

しかし、今以上のやり方を私はみつけることができません。

考えれば考えるほど、今以上にしっかりと明確に、伝えようがないように思うのです。

 

それは単なる情報の伝達ではなく「内側の空間に入り込んで実際に行うワーク」なのです。

時空を超えて、限界の壁を超えて、内なる神の許可と監修のもとに行うスピリチュアルボディの解体と癒しです。

 

多くの人に伝わるように情報化したとしても、本当に必要と感じない人には受け入れられないでしょうし、理解したつもりになっても、それは本当は内部では行われていない、起こっていないことがほとんどだろうと思います。

そういう質のものです。

 

そうは言っても、その取組みのために手掛かりとなるものは精一杯お伝えしたいと願っています。

皆さんの体験からいただいた学びから、今とこれからを進化、成長していくために役立つ指針はないかと自分に問いかけてみました。

 

自分の実体験から思うのは、父という神と母という神が仲良く、理解しあっていれば、子供は平和を受け取れるのにということです。

しかし、人間の学びというのは単にその様には運ばれていないことも知っています。

理解しあうということそのものがとても深い課題です。

 

また、昨今では学びの進んだ多くのお母さんが、自分の言動が子供に悪影響を与えることをとても恐れているように思います。

でも子供に伝わるのは言動の良し悪しよりも、その恐れのほうです。

 

私が内なる自己(ハイヤーセルフ)に問いかけて返ってきた答えはこうです。

 

子育ての秘訣は、子供からの無条件の愛を最大限に受け取ること。

いつでもできる限り、その愛を受け取れるような状態であるよう、自分に向き合うこと。

 

なるほど、と思いました。

お母さんが自分を癒す意味はそこにもあります。

自分が与える愛に苦心なさっているお母さんは多いと思います。

でも子供がそれをどのように受け取るかは、その子供次第でもあります。

 

一方で子供は無条件に親を受け入れ愛することに夢中です。

もしご両親が、子供からの全力の愛を最大限に受け取ることができたとしたら、それは子供にとって最もすばらしい愛の体験、成長の機会になるのではないかと思います。

 

子供は自分の中にすばらしいものがあるということを、そしてすばらしいものを受け取ってもらえることがどんなに幸せなのかを、ご両親という最も近い鏡を通してみつけることができるからです。

 

お父さん、お母さんは、多くのことに気を遣い気を取られることなしに、子供さんからの愛を最大限に受け取るための努力に専念していただけたらな、と思います。

 

それはパートナーシップにおいても、一人の人間としても、最大限に愛を学ぶ機会となるでしょう。