すべての対処は愛の波動を高めることから

みなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

今日の知念村は離島なみの海の青。

 

今朝は台風の後処理で、家をまるごと洗いました。

今回の台風は雨が少なく風ばかり吹いたので、木々の葉が枯れてしまうかな。

東京育ちもんにとって沖縄の台風と塩害は想像を超えた事象です。

 

それにしても、東日本大震災からの7年を一瞬に感じる中で日本を襲う大水害。

多くの方が亡くなり、多くの方が被害に遭われています。

 

心が痛むと同時に政府のあり方と対応に疑問を、いや欺瞞を感じずにはいられません。

先の大震災以来考え続けてきたことですが、やり方は巧妙というよりはズサンになる一方に見えます。

私たちは飼いならされているのでしょう。

 

為政者は主権者である国民への奉仕者だというところへ立ち返ってほしいと切に願います。

書いていて空しいほど遠くかけ離れたところまで日本は来てしまっています。

 

さて、そんな波動の粗さに不快さと抵抗と、無力感を感じつつも、自らの意識が飲まれないよう瞑想と自己浄化に励み、内なる神の平安へと戻るとします。

 

どんな時も、今ある現状を認め、受け入れつつそれを超えていきたいものです。

 

好ましくない現状を受け入れがたくしている理由としてよくうかがうのが

現状をわかったところで対処の仕方がわからない

です。

 

でも実際はこうです。

『現状を受け入れるという姿勢こそが、愛です。

そして、私たちが「愛」という姿勢をとれたとき、

現状はより愛のほうへと動くのです。』

 

今日はある本を紹介します。RUACHのサイト↓

の「おすすめ書籍」にはまだ掲載していません。

 

実は少し前に、書店にお勤めのクライアントさんがみつけて教えてくださった本です。

私がいつも「内なる神」の話をするので、内なる神について書かれている本がほしい、と願っていたらみつけられたそうです。

 

パラパラとめくってみたら波長が合った感じがしましたので(本を選ぶときに昔からやります。読まなくてもパラパラするとなんとなくエネルギーが読めるのです)私も取り寄せてみました。

 

著者はニューエイジの権化みたいな、フィンドホーンの創始者のアイリーン・キャディ。

内容は読んでびっくりでした。

「あれ、これ、セッションで私がしゃべっていることばっかりだな。」

 

私は思いました。

「瞑想を通じて彼女の学びを彼女のスピリットから伝授されてきたんだな。キャディありがとう。」

 

私は多くのスピリチュアルな学びを洞察と瞑想とセッションから気づきとして受け取ってきました。

それらが私の中で熟成されて独自の進化を遂げています。

ですから自分の中にあるものがこれだけまとまって別人が書いた本にあるのはもう、

不思議を通り越してそうとしか理解できません(笑)。

 

 

本には、愛についての手がかりが詰まっています。

薄くシンプルで短い項目に分かれているので読みやすく、手元に置いて繰り返し読み返すのに適しています。

 

愛の波動を高めよう―霊的成長のためのガイドブック