瞑想会によせて

みなさんこんにちは。沖縄心のセラピストAZUです。

 

明日は定期瞑想会です。今回もご参加くださるみなさん、本当にありがとうございます。楽しみにしております。

 

またインナーチャイルド講座の募集もさせていただきましたが、本日を持ちまして10月6日の回は満席となりました。講座は今のところ不定期に行っております。ご希望の方がお声をかけてくださった時点で開催の準備をいたします。いつもながら、みなさんからエネルギーをいただいています。本当にありがとうございます。

 

 

 

みなさんは瞑想をするとどんないい変化がありますか?

 

自分はというと、瞑想するとこんないいことがある、というより、瞑想しないと困ることがたくさんある、という感じに近いかもしれません。

 

 

 

瞑想しない生き方とは、言ってみれば周囲に対して反応し、適応していく生き方です。そこでの自分とは、対外的な自分です。そして上手に適合できればそれはうまく生きられているということになります。

 

しかしながら、うまく適応して生きることと人生の意味や人間の価値は全く別のものです。先日SNSで見かけたのですが「日本人は便利と豊かさを混同しているようだ」と言っている人がいました。それと似ていると思います。

 

 

 

瞑想はもちろん、癒しや療法による変化の目的とは、適応できないものをできるよう改善することではありません。

 

 外側に反応している外向けの自分が自分だという錯覚から目覚めて、内側にいる真実の自分と、さらにその奥にある愛そのものである自分に戻ってひとつになることです。

 

 

 

愛である私とともに真実の私自身を生きる。それは瞑想なしにはおそらくかないません。

 

 

 

瞑想はあらゆる分離と誤解、錯覚と過ちから解放し、真実という自由に私たちを戻してくれます。まさに神のやり方で。