いのちを生かす意識

野に咲く花を

 

鳥の鳴き声を

 

月の明かりを映す海を

 

美しいと人は言うのに

 

人間を、人間の心を、自分自身を、

 

人はなかなか美しいと認めない。

 

 

 

世界を美しいと感じるのは、心という鏡があるから。

 

 

 

この世で

 

美しさのための美を喜ぶのは人だけ。

 

人と神だけ。

 

 

 

この世の美が人を喜ばすように

 

人は神を喜ばせるために生きている。

 

 

 

自然を美しいと人は言うが

 

自然はそれを知らない。

 

 

 

里山は、田園は、人を生かして、なお生きる。

 

公園の木々は人が楽しむのを受けて、なお輝く。

 

街路樹は、垣根は、人を助けて、なお際立つ。

 

 

 

人がそれを知るとき

 

命がもう一度生かされる。

 

人が神を知るとき

 

人はもう一度生かされる。