現実とのバランスを、という幻想

分離とバランスについての誤解は大変多いと思う。

 

人間の思考は整理することが仕事だ。整理するということはものごとを対立させて対比させ、その大小、高低、優劣などを測り、順列をつけることだ。そうするとものごとは整理される。それが思考の働きの主たる仕事でありそれ以上でも以下でもない。

 

スピリチュアルと実社会を対比させバランスしなくてはならないと感じているというお話をよく伺う。

 

それは多分、スピリチュアルをある限定した営みだと認識されてのことだと思う。内側に入り込み過ぎてはいけないと思っているのだとしたら、スピリチュアルは内側に入り込むことだという認識だし、考えすぎてしまうと思っている人は、スピリチュアルは考えることだと認識してのことだろう。

 

しかしこの世のすべて、宇宙のすべてはスピリチュアルだ、というのが答えだ。

 

スピリチュアルという限定した営みの中に神というジャンルがあるわけでもないし、ましてや愛というジャンルがあるわけでもない。もちろん世間というジャンルの中にスピリチュアルのカテゴリーがあるわけではない。

 

真理と神と愛は一つだし、この宇宙、この世界は真理と神と愛のなかで営まれている。スピリットとは無限の霊のことでありそれを神と呼ぶ。つまり、神は在るという真理に気づいていることがスピリチュアルなのだ。(宇宙を神と呼ぶのも誤解の一因となっている。宇宙はこの世だ。この空間のことだ。宇宙の中に愛があるのではない。愛の中に宇宙が生存していられるのだ)

 

この誤解にはきりがない。なぜそのように誤解するかといえば、それは思考によって神を整理し理解しようとするからであることに尽きる。

 

全てであるものを理解するには私たちは超越した感覚に頼るしかない。超越した感覚というのは身体の五感の世界である潜在意識に依らない感覚のことだ。

 

そう言うとなにか特別な機能を想起されるかもしれないが、その感覚こそ、特別ではなくて普遍、つまりすべてにおいて共通の感覚だ。

 

個体の経験を超えた、万人に通用する根底にある知覚のようなもの。それが真理と神と愛を感じる機能(直覚)だ。

 

肉体はいつもスペシャル(特別)なものだ。私の体験、私の経験、私の能力、私の感覚、それは対比によってしか理解されない。違いによっていつも認識されるものだ。

 

しかし、真理、神、愛は大いなるひとつであり違いではなく共通であることで理解される。

 

肉体の育ちや条件にどれだけ違いがあっても究極的に共有できるものがそれであり、それは私たちの意識に最初から備わっているものだ。肉体意識よりもずっと古く。だから私たちは、違いから目を離してそこを思い出しそこに戻ればいいのだ。

 

そこに平安がある。

 

社会の枠組みを変えることよりも、今この時ここで自分が戻ることができれば、その磁場に変化が起こる。あなたは枠組みではなく中身を変えることができる。それが霊的な成長、つまりどこでなにをしていてもあなたは光(神のこども)であることであり、神の本質的な力を有する。それが神との訓練だ。

 

スピリチュアルに生きるというのはそういうことだと強く思う。

 

二つの神に義理立てして両方に仕えることはできない。

 

なぜなら神は一つだから。

 

二つの神、つまりスピリットと肉体に仕えることを、バランスをとっていることだと思っているその欺瞞があなたの心身のバランスを崩しているのだ。それは幻想を在るものとしていて、実在である神を分離させる行為だから。

 

スピリチュアルであるというのは、現実に戻ることに他ならない。

 

これはもののたとえでも大げさな言い回しでもない。

 

真実というのはどこまで行っても完全に一致していることを言う。それがありてあるものだ。

 

そうは言っても、という世界はただ、あなたの思考がつじつま合わせのために作り出した架空のものでしかない。そこには混乱がある。そして真実にのみ平安がある。